プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

中国への食べ歩き旅行が好きで年に1~2回中国に行っています。現地で新しい料理や新しい食材に出会うのが楽しみです。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 4月7日のランチ | メイン | 4月8日のランチ »

2011年4月 6日 (水)

中国の旅 香港町探訪 乾物屋さん編

本日は乾物屋街です。
香港料理は広東料理に属しその広東料理は乾物を使った料理や海鮮料理が多いことで知られています。そんな香港の広東料理を支える乾物屋街。
場所は上環駅のさらに西に位置します。
交通は中環辺りから、ケネディタウン行きのトラム(路面電車)に乗って行くと、乾物街の真ん中に付きます。
大小合わせて100件あまりの店が軒を連ねます。
見ているだけでも私には楽しい町です。
今回の渡航では1日かけて店で使う乾物を仕入れて来ました。
魚の浮き袋や豚のアキレス腱 なまこ 月日貝 鴨の砂肝の乾物 塩漬けの魚 などなど 神田 雲林の分も合わせて20キロ位買いました。
おかげでスーツケースに入りきれなくなり、無理やり閉めたら、鍵が壊れてしまいました。仕方ないのでガムテープでぐるぐる巻きにして帰ってきました。
買ってきた乾物はコースなどで使う予定です。

中に入ると鮑や燕の巣などの高級乾物が売られています。
お値段にびっくり!!

この通りの両端全て乾物屋さんです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/564663/28265853

中国の旅 香港町探訪 乾物屋さん編 を参照しているブログ:

コメント

かつて勤めていた商社の支店が上環に
あったので良く行きました。

20キロは凄いですね、うちは友人が
乾物屋なので今は送ってもらっていますが
自分の目で選ぶのが間違いないですよね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

三希房 のサービス一覧

三希房