プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

中国への食べ歩き旅行が好きで年に1~2回中国に行っています。現地で新しい料理や新しい食材に出会うのが楽しみです。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年11月 | メイン | 2011年2月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

中国の旅 マカオ 聖ポール天主堂跡・セナド広場編

中国の旅 マカオ 聖ポール天主堂跡・セナド広場編です。

聖ポール天主堂は1582年から1602年にかけてイエズス会士によって建築された当時アジアで最大のカトリック教会で、1835年の台風時の火事によって焼失したそうです。結構でかいです。

セナド広場は、ポルトガル統治時代のマカオ市政庁の正面に位置する南欧の雰囲気あふれる広場です。ちょっとおしゃれです。
とてもここが中国とは思えません。

初めてマカオにいったこの日は4月中旬で、なぜかこんな季節にレベル4の大型ハリケーンが来ました。(レベル1から5までありレベル4ではほとんどの店が閉めてしまいます。)
4月にこの大きさは観測史上初だそうです。
当日はただの大雨と思い朝一、香港からフェリーで来たのですが、
だんだん雨が強くなり、聖ポール天主堂跡に付いた頃には傘もさせない状態になりました。
ほとんどの商店も店じまいし、観光どころではありません。
傘も壊れ、服もビシャビシャに濡れ、こりゃたまらんと、
近くのホテルに非難しタクシーを拾うことに。
しかしタクシーはぜんぜん捕まらず、やっとのことで捕まえ乗ろうとするとフェリー乗り場まで通常の料金の3倍の額をふっかけられ、(ちなみに台風の時、香港・マカオでタクシーがぼったくりをするのは当たり前のことです。)それでも乗ろうとしたら、持ち合わせに1000HK$の高額紙幣しかなく(マカオでも香港ドルは使えます。でもおつりはなぜかマカオドルです。)
お釣りがないといわれ、乗車拒否されるしまつ。
仕方なく、ホテルの送迎バスに1時間待ちで乗り一路フェリー乗り場へ。
とおもいきや、行き先を間違えなぜか赤口(セッハウ)という、中国大陸と隣接する国境の町へ、そういえば行き先を確認してなかった・・・。
この頃には、雨も小雨程度になっていました。
しょうがないので、タクシーを捕まえフェリー乗り場へ。
フェリー乗り場にやっとたどり着きました。このとき辺りは夕方になっていました。そして、フェリーに乗り香港へ帰ろうとしたその特、なんと台風でフェリーがストップ、再開は未定!。ああ、そりゃそうだよな、この台風じゃな、と最悪の結末に。フェリーが再開したのは8時すぎ、またここでチケット売り場の大行列に並び、チケットを購入夜11時の便しか取れず、結局フェリー乗り場に6時間も足止め。香港のホテルに着いたのは夜12時になってしまいました。最悪の一日でした。

こんなこともあり私はマカオにいい思い出がありません。
でも、皆さんにはいいことがあるかもしれません。
是非一度いってみてください。

注)南国の台風はしゃれになりません、出かける前に天気予報を見ましょう

今年も終わりです

12月31日いよいよ今年も終わりです。
今年も多くのお客様に御来店頂き感謝しています。
来年も多くのお客様に来店していただきたいです。

三希房来年は1月2日より営業致します。
靖国神社の初詣の帰りに是非お立ち寄り下さい。

来年もよろしくお願いします。

三希房 のサービス一覧

三希房