プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

中国への食べ歩き旅行が好きで年に1~2回中国に行っています。現地で新しい料理や新しい食材に出会うのが楽しみです。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月23日 (水)

おもらしシャコ

本日30cmオーバーのシャコが入荷しました。
広東語で書くと 瀬尿蝦(ライニウハー)と書きます。
直訳するとおもらし蝦です。
海水から取り出すと、水を大量に吐き出す様子をおもらしに
たとえ、この名が付いたらしいです。
産地はインドネシア 活けで入荷しました。
とにかくでかい、日本ではます手に入れられない大きさです。

30cmのラップとほぼ同じ大きさです。
隣の小さいのでも20cmは有ります。
裏側はというと!

こんな感じでかなり気持ち悪いです。

香港では海鮮市場のレストランや街中の水槽がレストランで、
量り売りされていて、その場で値段交渉や調理法を決め、
調理してもらうような店では、定番のおもらしシャコです。

定番の調理法は椒鹽瀬尿蝦 チウイム・ライニウハー
ぶつ切りし素揚げし、揚げニンニク、山椒塩等で味付けします。
殻にかぶりついて食べます。
味の方は、日本のシャコよりは大味と言われますが、
食べ応えがあり、満足度は高いです。
シャコは体のほとんどが水なので、冷凍したものを解凍すると、
ドリップが多く、身がほとんどなくなってしまいます。
なので、おもらしシャコは、活けで調理しないとおいしくありません。

彼はは本日のお客様に食べてもらいます。

2009年12月21日 (月)

中国の旅 台湾 台北101編

本日は台湾の台北101です。

台北101とは、高さ509.2mで、地上101階です。
2004年12月31日オープンです。

台北市内からはどこからでも見えます。
とにかくでかいです。


てっぺんです。

まだまだ有ります。

まだまだ有ります。

最後です。

とにかくでかいです。
写真をとった場所は101の100m位離れたところですが、
1枚で収まりません。

89階に展望台が有ります。
そこから、台北市内が一望できます。


きれいです。

真下です。車が豆粒に見えます。

当時世界一の建物です。
是非一度昇ってください。
でかいの一言です!


2009年12月15日 (火)

中国の旅 香港 トラム編

a href="http://kuchikomi.gnavi.co.jp/shop/diary/e252600/image/f81f8ba894.jpeg" target="_blank">

本日は香港トラム(路面電車)です。
乗り物シリーズ第2弾です。
香港の香港島北部地域の筲箕湾(サウゲイワン)と堅尼地城(ケネディタウン)を結ぶ路線と、跑馬地(ハッピーバレー)に向かう路線です。
香港映画などでおなじみです。

見ての通り2階建てで、料金は1律2ドル(35円)です。安い!
中はどうなっているかというと、

レトロです。
しかも遅いです。周りの車にどんどん追い越されます。
ほとんどの車両はエアコンは無しです。
夏はとても暑いです。
窓は開けっ放しで、雨が降ると窓をビニールみたいな物でふさぎます。

しかし2階建てなので、とても景色がいいです。
香港島の繁華街のほとんどを見れます。

写真は北角と言うところ、商店街を通ってるところです。
店すれすれです。
この場所はジャッキーチェンの映画にも出てきた場所です。

トラムの車体の色は基本、深緑ですが、広告が付いたものも有ります。

女の子にはたまりません。
このほか、出前一丁バージョンなどいろいろ有ります。
見ているだけで楽しいです。

香港らしいトラム、ゆったり観光するにはいいと思います。

<


2009年12月 3日 (木)

中国の旅 香港 スターフェリー編

本日は観光地ではないのですが

香港庶民の足 スターフェリーを紹介します。

香港の中心部に位置するビクトリア・ハーバーの両岸、尖沙咀-中環、尖沙咀-湾仔、湾仔-紅磡、中環-紅磡間を運航するフェリーで、
1888年に開通し、香港人の足として、
観光客の足として活躍しています。

船は上層と下層の2層になっています。
上層も下層もオープンデッキになっていて、
ビクトリア湾の風が心地よいです。

運賃は 尖沙咀から中環のルートで(約7分の旅)
上層 2ドル20セント(約35円) 
下層 1ドル70セント(約20円)
とても激安です。
やっていけるのでしょうか?
他人ながら心配です。

お勧めは、オープンデッキから見る香港の景色です。
昼も、夜も最高の景色が見られます。

このスターフェリー、船首と船尾の区別が無く、船首と船尾両方に、
すすむことが出来ます。
したがって、Uターンなんかしません。
スターフェリーの小粋な所は
進行方向にによって席の背もたれを前後させ、
常に進行方向に座れるようになってるところです。

安く香港を満喫できる、このスターフェリー、
私は大好きで香港に行ったら必ず乗り、
香港に着いたことを実感します。

是非香港に行ったら、乗ってください。

ちなみに尖沙咀の乗り場も中環の乗り場も、
駅からは微妙に歩きます。

三希房 のサービス一覧

三希房